【イベントレポート】秘密のお寺ヨガ@東福寺塔頭

8月25日(日)に、一般社団法人京都ヨーガ協会主催で、秘密のお寺ヨガを開催しました。

今回の企画は、6月に開催した、縁側から広がるお庭を愛でながら、自分自身と対話するヨガの時間を体験していただくことをコンセプトにしたお寺ヨガが大変好評だったことから開催に至りました。

今回も午後から、第1部、第2部の開催で、「秘密」にもかかわらず、どちらも定員満員のご参加となりました。

本当にありがとうございました。

 

8月で、暑さを心配していましたが、少し秋の気配も感じられ、好天の中、心地よい風を感じることができました。

第2部の終了とともに、夕立のような強い雨が降り出しました。ヨガの後の浄化の雨。

夏の終わりに、色んなことが洗い流され、清められるような一日となりました。

 

  • 13:00~14:30  講師 西澤潤子 一般社団法人京都ヨーガ協会理事
  • 15:00~16:30  講師 西澤潤子 一般社団法人京都ヨーガ協会理事

 

最初に「塗香」について説明し、実際に手に取って、ご自身の手のひら等にほんの少し塗っていただき、香りと清めを体験していただきました。初めての体験の方が多く、興味深く聴いていただきました。

1部・2部の内容は、参加者の皆様のお顔を拝見し、身体に大きな負担がかからないよう、そうでありながら、心地よい緊張と弛緩が感じられるよう、アーサナと呼吸法を組み合わせて行いました。音楽をかけることもなく、自然の音を五感で感じる中、それぞれの方の動きや思いを邪魔することなく、柔らかく心地いい声の誘導を心がけました。無理をしないという声掛けと身体の状態に意識を向けることも大切にしました。

1部でも2部でも、シャバアーサナの時間が特に格別です。お寺でしか味わえない気を感じ、深いリラックスを体感できました

最期の瞑想では、「すべてのことは自分」という気付きにつながる静かな時間となったのではないでしょうか。

 

お寺のヨガは、こんなふうに今の自分と向き合うのに、最適です。

来月以降も毎月1回開催が決定しております。

寺院でヨガを開催するにあたり、承諾をいただいたことをご住職に感謝いたします。

 

 

 

 

Facebookでシェア