門川市長からコメントを頂戴しました!

【京都を日本のヨガの聖地に!第一回「京都ヨガ2018」】
インドのモディ首相が国連に提唱され、制定された世界共通の記念日「国際ヨガDAY」。昨年6月には関西の催しとして、1300人もの方々が平安神宮の神宮道に集りヨガを通じて交流。モディ首相もツイッターで紹介。
その際、「京都をヨガの聖地に!」と誓い会い(一社)京都ヨーガ協会が設立され、今年は京都市も共催し、第1回「京都ヨガ2018」を開催!雨模様の中(雨は降らず!)500人もの参加者が一斉にヨガを行い、1日を通して様々な教室等が行われます。私も会長の98歳でお元気な石田先生、T・アームストロング・チャングサン インド総領事やクンナ・ダッシュ チャンドラ・セカール・アカデミー・インターナショナルスクール京都代表らと一緒にヨガで心身をリフレッシュ!心地よい汗を流しました。石田祐雄 会長をはじめ、ご尽力の皆さんに敬意と感謝。
「ヨガ」は、古いインドの言葉 サンスクリット語で「繋がり」という意味。ヨガを通じて、出身、国籍、宗教、互いの相違を超え、すべての人が繋がり、世界が繋がる。まさに京都市が40年前に行った「世界文化自由都市宣言」の理念を体現。感激です。(H30.6.10) 門川大作 / Facebookより引用

Follow me!